尿中ヘモグロビンチェッカー 猫用

こんにちは。院長の川田です。

先日、ロイヤルカナンさんから処方食以外の商品が発売されたということで少し話題を呼んでいるそうです。

その名も尿中ヘモグロビンチェッカー!!!

簡単に言うと猫ちゃんのトイレ砂にこの尿中ヘモグロビンチェッカーを混ぜることで、日常生活で血尿していないかどうかモニターするという優れものです。

もちろんシステムトイレでの使用もOKだそうです。

血液(ヘモグロビン)が尿に混ざっている時は、ヘモグロビンチェッカーの顆粒の色が青に変化します。

猫ちゃんは下部尿路疾患が多いことはとても有名です。下部尿路疾患とは膀胱や尿道に起こる病気の総称で、主な症状として血尿・頻尿・不適切排泄など、時には尿路閉塞などがあります。

例えば尿路結石症だったり、膀胱炎だったりは代表的な下部尿路疾患です。

このような病気は再発率が高いことから、再発防止のため下部尿路疾患に配慮した処方食などで管理していくことが多いです。

しかし、病気の初期は処方食を食べつつ、定期的に尿検査などに通っていただけても、ある程度症状が落ち着いてくると、飼い主さんの自己判断で処方食をやめて市販食に変更してしまったり、餌は食べているけれども、通院タイミングがわかりづらく尿検査などはしなくなってしまうということも多いのが現状です。

そんな時に、この尿中ヘモグロビンチェッカーを使用して自宅でチェックしていただくと、目に見えない程度の血尿でも反応しますので、早期に症状に気が付き、来院タイミングも分かりやすいというわけです。

ちなみに、猫ちゃん用として販売されてますが、もちろんワンちゃんにも使えます。

さらに言うなら、当院にも患者さんが多いエキゾチック動物さんにも使用可能です。

注意点としてはあくまで分かるのは「血尿」のみなので、尿検査含めて全体的な健康診断は定期的に別で必要ということですね。

当院でも早速導入してみましたので、ご興味がある方はぜひお問い合わせくださいね。

価格は1980円(税込)で、1箱で約3週間分使用ができるようです。

Copyright © いなば動物病院 All Rights Reserved.

PAGE TOP